fbpx

読むだけで運気があがる開運ブログ Annaの独り言

menu

開運吉業塾

こんにちわ

本日も

読むだけで運気があがるAnnaの開運ブログ

を訪問いただきありがとうございます

今回取り上げるのは

病院選びも方位の影響を受けるか

についてです

答えは イエス です

何度か経験しましたが

病院に行きたくなったら必ず方位を確認したほうがいいということです

そしてできるだけ吉方位で病院を選ぶことをおすすめいたします

なぜかというと、方位に影響され場合によっては症状が悪化することがあるので注意が必要だからです

 

本当にそんなことあるの?と思われる方いらっしゃるかもしれませんが以前子供が病気になった時に病院の方位と症状を調べたことがあるんです

すると方位を意識せずに行動したところ病気の方位(五黄殺の方位)の病院を選んで通院していることがわかりました

そこで診察を受けたところ症状が改善されなかったため、吉方位を気にして病院選びをしたところ症状が緩和されたことが何度もありました

興味のある方は気になったときに病院に行く前に方位を調べてお出かけされてみてはいかがでしょうか?

 

病院を選ぶ時に注意するポイントは

★年盤、月盤、日盤 五黄殺 暗剣殺 の方位は避ける

(※五黄殺 暗剣殺  は誰にとっても凶方位となりますので注意が必要です)

(12歳以下のお子さんはこれに加えて小児殺の方位を避けることが重要です 2019年各月 六白方位がこれに当たります)

(※小児殺とは12歳以下のお子さんだけが凶方位となるもの 毎月方位が変わりますので注意が必要です)

 

★自分と相性の悪い方位はできるだけ避ける

(吉方位を選ぶことで症状が緩和されることがあります 逆もまたしかり

そうはいっても具合の悪い時に病院に行こうとするとなかなか吉方位の病院の見つけるのが難しいこともあるのでできるだけ避けると記載しました)

 

できるだけ自宅から吉方位の病院を選ぶことがおすすめです

それでは

年盤月盤日盤どれを優先させたらいいか?

長期継続の場合には年盤、月盤も影響するので年盤、月盤のいずれも吉方位の病院を選ぶのがおすすめです

 

短期、またはその日だけの通院であれば日盤を重視したほうがよさそうです

そして病院に行く時間もできるだけ相性のいい時間帯に行ったほうがよさそうです

 

相性のよくない時間帯や日に病院に行こうとすると担当の先生がお休みだったり待ち時間が長かったり先生との会話がかみ合わなかったりしますので注意が必要です

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

まとめ

いかがでしょうか?

病院に行く時にも方位が関係するのでは?と気になった方もいるのではないでしょうか?

早めに症状緩和されたい場合にはできるだけ相性のいい方位、時間帯に病院に行くことをおすすめいたします

 

参考サイト

★ご自身の本命星(生まれた年)を調べるのに

 便利なサイトは

こちら

 

 

★ご自身にとって最適な方位を調べるのに

 便利なサイトは

こちら

 

その他ご質問、ご相談などありましたらメニューのお問合わせフォームにご記入の上お気軽にお問い合わせください

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

いいね!押して最新情報をGET!